2019年11月2日土曜日

トレード練習の損益計算EXCELシート v2.04 (チャートギャラリー対応版)


「トレード練習のための損益計算EXCELシート」は、
計算式がいくつか間違っていて、正しく計算されていなかったので、
修正して、 ver2.04 とした。

トレード練習の損益計算EXCELシート ver2.04(チャートギャラリー対応版)


最新版のファイルは、こちら。
https://www.usemanage.jp/library/trade-training_v204.xlsm


私の場合、トレード練習は、このシートではなく、
手書きの練習帳(紙)に描き込みながら、行っている。
1枚が1ヶ月分なので、1枚分が終わったら、
このEXCELシートに建玉の数値だけを入力すれば成績が出る。

途中、予想と逆方向へ動いてしまった場合に、
売りを切って買いに転換したり、
ヘッジ入れたり切ったりした場合に、
含み損 や 売買損失 の金額を目の当たりにして、冷静でいられるか?
という気持ちも体験しておく必要がある。

将来、証拠金残高を気にしなくてもいいくらいに資金が増えたら、
途中経過での「含み損」など考慮しなくてもいいけれども、

「最大ドローダウン(引かされ損)」をどれだけ許容するか?

という問題は、私のような貧乏トレーダーには、切実な問題になる。

この「トレード練習のための損益計算EXCELシート」は、
チャートギャラリーから最新データを持ってくるので、
過去の相場でトレード練習を続けて本日分まで到達したら
そのまま本番に転用して、同じ気持ちのまま進めることができる。

これならば、うまくトレードができなかった銘柄で、
本番のトレードに進もうという気持ちにはならなくなる。

練習で「現実的な利益」を出せることを確信した状態になれば、
そのまま本番に進んでも、冷静にトレードを行うことができると思う。

0 件のコメント:

コメントを投稿

日経平均株価の月足チャート 70年分

日経新聞のサイトから、日経平均株価の過去データを 1949年5月16日分から一気に取得してみた。 <日経平均ヒストリカルデータ> https://indexes.nikkei.co.jp/nkave/archives/data さっそく「チャートギャラリー」に取り込ん...