2019年10月21日月曜日

今日のトレード練習(日経平均の直近3ヶ月)

相場師朗先生の「株塾」で教わった練習法では、
まず、チャートのハードコピー画像に、
売りと買いのポイントを書き込んでいく
「ペイント練習」を大量にやることから始まる。

私はまだ、800枚程度しかできていないので、
まだまだ初心者レベルである。
これは少しずつ続けていくしかない。

「ペイント練習」は、その先の結果が見えている状態、
つまり出来レースの状態で、売買の判断をするけれども、
ある程度やったら、次は、
結果が見えてない状況で、その日に見えていた情報で
売買の判断をする「トレード練習」を行う必要がある。

チャートギャラリーで過去のチャートを表示して、
1日ずつめくりながら、売りと買いの建玉を記入することで、
まさに「練習試合」のようなことを行うことができる。

そので今日は、
株塾入塾日の、今年(2019年)の7月17日以降から今日までの
日経平均株価で、「トレード練習」を行ってみた。

初心者レベルの、少し下手なトレードだが、
それでも、この通りにトレードしていたら、
少しは利益が出ていたはずだと思う。

暫定的に、
私が勝手に作った「トレード練習帳」のテンプレートを使って
手書きでやってみたが、いずれはこれをEXCELにして、
価格や損益も自動参照できるように作ってみたいと思う。

もう少し上手になってきたら、それを使って、
同じ場面の「トレード練習」をもう一度やって、比較してみて、
どこがどう成長したか、自分で実感してみたいと思う。


<使用した日経平均のチャート>
チャートギャラリー画面


<使用した トレード練習帳>
トレード練習帳(手書き用)
トレード練習帳(手書き用)
トレード練習帳(手書き用)
トレード練習帳(手書き用)

1 件のコメント:

  1. この、手書きで記入した「トレード練習帳」の建玉を
    EXCELに入力して、損益計算してみた。
    まだまだ未熟ながら、これでも利益になっていた。

    その EXCELシートは、
    https://www.usemanage.jp/library/20190717-20191018_20191021.xlsx
    のページで公開します。

    自分で使うためなので、まだバグがあるかもしれません。

    返信削除

日経平均株価の月足チャート 70年分

日経新聞のサイトから、日経平均株価の過去データを 1949年5月16日分から一気に取得してみた。 <日経平均ヒストリカルデータ> https://indexes.nikkei.co.jp/nkave/archives/data さっそく「チャートギャラリー」に取り込ん...