私が使用しているチャート



(1)チャートギャラリー5 for Windows (パンローリング社製)

チャートギャラリー画面

「日本株」取引のための、メインチャート。

もともとは、日経平均株価データの自動取得のためだけに使っていたが、
相場師朗先生の「株塾」で、このソフトのチャート機能を使うことになった。

過去の場面に遡って、先が見えない状態で、右カーソルキーで 1日ずつ 進めながら、
建玉操作の練習 を行うことができる。このソフトを使っての練習を習慣化することで、
最新日付に進めて、本番での建玉判断を行う時にも、練習の成果を発揮できる

相場師朗先生の、移動平均線の色と順番とほぼ同じ設定になっているが、
私は、いくつか、余計なものを加えている。

終値、つまり「1日移動平均」  (濃い黄色で協調)
 ダウ理論に基づく、価格の切り上げ、切り下げを、先に検知できるから。

・ボリンジャーバンドの +2σ と -2σ
 移動平均線の邪魔にならずに、値動きの範囲や節目が予想できるので、便利。

・移動平均乖離率 (最初の頃だけ。今はもう不要)
 最初の頃は、「下半身」「逆下半身」のシグナルを見落とすことが多かったので、
 「5日移動平均線との乖離率」を下部に表示させていた。


(2)メタトレーダー(MetaTrader)

メタトレーダー画面

「外国為替(FX)」、「日経225CFD」、NYダウ、Gold、Corn 等のための、メインチャート。

チャートギャラリーを上回る、高機能なチャートソフトであるとともに、取引ツールでもある。
日足、週足、月足 だけでなく、 1時間足、30分足、5分足、1分足 等も表示できる。
過去に遡って、1本ずつめくっていく機能もあるので、トレード練習にも使える。

私の場合は、「XM Trading」 という海外の会社を使っている。
「日経225CFD (JP225cash)」は、最小1枚単位(今だと 22,500円前後)で取引できるので、
「うねり取り」の実練習に使えそうだ。



(3)自作システムの 「細野式ポイント・アンド・フィギュア」


ポイント・アンド・フィギュア に、自分が使いやすいように一部改良し、
日付 と 滞留状況 が分かるようにした、オリジナルチャート。
マーケットプロファイル分析をヒントに、 ○ と × の印以外に
滞留カウント と 転換日 、さらには最新の 終値 と 移動平均線 を加え、
価格の推移を時系列に掴むことを可能としている。

さらに、移動平均線、一目均衡表、ボリンジャーバンド 等を加えた
サマリー画面により、現在の価格の状況を把握できるようにした、

過去日付に遡って、1日ずつめくりながら、遡る機能もある。

https://www.usemanage.jp/pfmonitor.asp
細野式ポイント・アンド・フィギュアのサマリー画面


今は、上記(1)と(2)のチャートソフトの、セカンド・オピニオン的な存在である。

0 件のコメント:

コメントを投稿

日経平均株価の月足チャート 70年分

日経新聞のサイトから、日経平均株価の過去データを 1949年5月16日分から一気に取得してみた。 <日経平均ヒストリカルデータ> https://indexes.nikkei.co.jp/nkave/archives/data さっそく「チャートギャラリー」に取り込ん...